親族の葬儀に参列したときは親戚一同が会することになります。遠方から駆けつけた親戚もいれば、結構顔を合わせている人もいるかと思います。その際、話しになるのが遺産相続です。亡くなった方の相続人は通常配偶者とその子どもですが、その財産名義が亡くなった方の名義のままになっていたり、また子供も亡くなっていた場合などはややこしくなってしまったりします。

遺産は預貯金の他、借金などの負の遺産も相続することになるので、借金が多くある場合なども相続するとなると考え物ですね。遺産相続はその遺産がある場合はカンタンに済むようで済まないケースも多いようです。このように遺産相続は残された遺族での話し合いだけでは解決しない場合も多くあるのです。そこで相続に関する悩みや相談を受け付けている大田区の東京相続相談所サイトを紹介します。東京相続相談所大田区の相続相談所は相続の手続き、生前贈与、事業承継などの相続に関する悩みや不安を取り除いてくれるための相談サイトとなっています。

このサイトは大田区を中心とする税理士とスタッフがその運営に当たっており、専門家の立場から多くの情報を提供しています。一番頭を悩める残された家族の相続の調整などにおいては、親切丁寧な対応を心掛け、そのアドバイスを行っています。相続はこの点が一番トラブルとなるので、特に慎重に対応していく必要があります。相続や贈与に関する悩みなどは大田区の東京相続相談所へぜひ相談されてみませんか。

親族が亡くなった場合、遺産相続の問題が出てきます。

遺産相続は民法により、誰が相続するか(法定相続人)、どんな割合で相続するか(法定相続配分)目安が定められていますが、民法よりも遺言や遺産分割協議が優先されます。ただし、あまりにも相続人への配慮がなかったり、不利益がある遺言の場合は、相続人は裁判所に不服申し立てができるので、遺言書を優先しながらも相続人の最低限の相続分は保障される制度になっています。

では、法定相続人の順位とはどのようなものでしょうか。

民法では、相続第1順位は被相続人の直系卑属(ひぞく)と定められています。直系卑属とは、

・被相続人の子供(=実子)や養子あるいは、内縁関係にある人の子供(=非嫡出子)

・被相続人の孫(実子・養子・非嫡出子が亡くなっている場合のみ)

・被相続人のひ孫(実子・養子・非嫡出子・孫が亡くなっている場合のみ)

のことです。

第1順位の人が誰もいない場合は、第2順位として直系尊属(被相続人の父母)が、遺産を相続します。

父母が亡くなっているときは、被相続人の祖父母が相続することになります。

第1順位、第2順位共にいない場合は、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。

その兄弟姉妹の中で子供を残して亡くなっているときは、その子供(相続人にとっておいやめい)にも相続の権利があります。

ちなみに被相続人の配偶者(妻や夫)は、順位に関係せず相続の権利があります。

相続は多額の場合は多額の相続税を支払う必要があり、借金や負債といった“負の相続”も、被相続人が亡くなった時点で相続として開始されてしまうので、相続人になったからと言って喜んでばかりもいられませんね。

ソーラーパネルについて興味を持っている方、昨今は増えてきたのではないでしょうか?
エコを意識していたり、節電・節約が目的だったり、震災後の今は防災目的であったりと、きっかけはそれぞれかと思います。

私は数年前、自宅にソーラーパネルを設置しました。
知人の間でも、自宅にソーラーパネルを設置するお宅が増えているように思います。
私がソーラーパネルを購入したところは、
オフグリッドという、ソーラーパネルの専門店です。
http://offgrid-solar.jp
とってもオススメなので、ご紹介しますね
http://offgrid-solar.jp

ソーラーパネルは、パネル1枚から設置できます。
また、目的や、予算に合わせて、設置内容を選択できます。
中にはDIY感覚の簡単な作業のみで設置できるものもあり、自分の手で施工をすることも可能です。

自宅にソーラーパネルを設置したので、
急な停電にも電力が確保されているので、
安心できます。
震災後の計画停電を実施していた時には、本当に役立ちました!

ソーラーパネルって、まだまだ高いイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、
低コストで、更に、ご自身で設置することで、手間賃もかからないものもあります。
それが、今回ご紹介している、オフグリッドソーラーです。

少しでも、ソーラーパネルにご賞味のある方は
まず一度、ホームページをご覧になる事をオススメします。

とっても役立つ情報が満載です。

私も、ソーラーパネルを設置して、ほんとうに良かったと実感しています。